メッセージ

〈助教〉横塚 牧人 

[初期研修医担当]

_S2A2386.jpg

卒業:聖マリアンナ医科大学医学部
出身:神奈川県

私が麻酔科を選んだ理由

術前から術後まで一貫して携われるのが麻酔科

初期臨床研修1年目に内科をローテーションしていたときは、ここが自分の働く場所だと思っていました。しかし、1年目の終了間近に、麻酔科での研修が始まると今までの気持ちが一変しました。

麻酔科が自分の働く場所だと。

研修で指導してくださった先生方に惹かれただけでなく、一人の患者の手術を最初から最後まで、さらに術前から術後に至るまでにも携わることができ、元気になって退院していく姿が見られることに魅力を感じたからでした。

麻酔科医のやりがい・面白さ

患者一人一人に合わせて、麻酔管理も変わる

手術患者は一人ひとりで背景が違い、同じ手術でも同じ麻酔管理にはなりません。

事前に患者背景を評価し、麻酔の計画を立てて準備をして臨んだ麻酔が、計画通りに終了し、患者が元気になったときにやりがいを感じます。

聖マリアンナ麻酔科の魅力

医局員は決して多いとは言えませんが、困ったときのサポートや、緊急時の団結力が強い職場です。

1年目から色々な麻酔管理に携わることができるのも魅力の1つです。

今、頑張っていること

麻酔科医を一人でも増やす!

初期臨床研修で指導した研修医が、たくさん麻酔科医になってくれるように頑張っています。

研修終了後に、そのまま聖マリアンナ医科大学に残ってくれるのが一番うれしいですが、他の病院で麻酔科医として働いている姿をみると誇りに思います。その時は、学会会場で会いましょう。

趣味

麻酔科は趣味も楽しみやすい

ダイビングや釣りをはじめ、色々なことに手を出していますが、ON-OFFがはっきりしている麻酔科は何をするにも適しています。入局をきっかけに、新しい趣味を始めてみてもいいと思います。

入局を考えている方へ

独り立ちが早く、専門性を極められる

私は、4年制の私立大学を卒業後、6年間一般企業で働いていました。その後、聖マリアンナ医科大学医学部の2年生に編入学し、卒業後は聖マリアンナ医科大学病院で初期臨床研修を行いました。そのため、医師になったときは36歳でした。同級生とは12歳の差があり、体力や記憶力などで違いを感じたものでした。

そんな私は、数ある診療科のなかで、独り立ちできるレベルまで到達するのが比較的早い診療科は、麻酔科ではないかと思っています。とはいうものの、専門性を極めるのには時間も努力も必要です。遅まきながら医師の道へ方向転換した人にも最適な麻酔科は、皆さんの入局をお待ちしております。

初期研修医の方へ

“臨機応変な対応”を一緒に経験しましょう

2年間で研修する診療科のなかでも、麻酔科は特殊な科だと思います。

1つの麻酔中でも、スピードが要求される場面や、慎重さが要求される場面など、臨機応変な対応が必要になります。実際の麻酔科研修初日は、訳も分からないまま終了してしまうと思います。しかし、2か月後には、静脈ルート確保や気管挿管などの基本的な手技も上達し、麻酔管理の知識も増えて研修を終了できることでしょう。2年間の研修終了後に、一緒に働けることを楽しみにしています。