メッセージ

〈任期付助教〉玉城 ゆり子

 [入局4年目]

_S2A2856.jpg

卒業:聖マリアンナ医科大学医学部
出身:東京都

麻酔科を選んだ理由

患者さんの痛みを和らげたり、全身管理ができることにやりがいを感じて

入局理由

尊敬できる先生がいたから

ロールモデルにしたいと思う女医さんがいたから

麻酔科医のやりがい・面白さ

正解がなく、その症例に対してより良い管理を自分で考えるところ

聖マリアンナ医科大学麻酔科の魅力

症例が充実している

西部病院の魅力

急患も多く、より多くの症例を経験できる

学びやすさ・成長しやすさ 

能力に合わせて症例を当ててもらえるため、自分で課題を持って取り組むことができる

働きやすさ

忙しいながらも充実した研修を送ることができる

今後の目標

  • より高度な知識、技術を要する症例を経験すること

  • オペ室業務のマネジメントや安全管理を学ぶこと

  • 論文を書くこと                  

趣味

マラソン、ゴルフ

入局を考えている方へ

麻酔科は想像以上に奥深く、面白い

私は麻酔科に入局して3年目になります。現在は心臓血管外科手術の麻酔管理を学ぶことを中心として、後期研修を行っています。研修医の時に見学した際はおどろおどろしく、近寄りがたいと思っていた心臓麻酔ですが、麻酔科の指導医・上級医の先生をはじめ、心臓血管外科の先生や看護師さん、クリニカルエンジニアの方々にも指導して頂きながら日々経験を積み、少しずつ楽しむことができるようになってきました。心臓麻酔はたくさんのモニターを使用し、それらを評価しながら常に色々なことを考えるところや、オペレーターと息を合わせて麻酔管理を行うところが面白く、やりがいのあるところだと思います。

 

心臓麻酔に限らず、まだまだこれから学ばなければならないことばかりで、入局した時には想像もしなかった程、麻酔科は奥が深くて面白い診療科だと思います。サブスペシャリティとして、オペ室での麻酔管理以外でも集中治療やペインクリニックなどもあり、多岐に渡ります。どの科に入局しても、奥が深いと実感するのは同様かと思いますが、私にとって麻酔科に入局して良かったと感じる理由の大部分を占めています。

より良い麻酔管理を指導医と共に考える

当医局は忙しい中でも、どの先生も患者さんのために日々一生懸命に働いています。ひとつひとつの症例に対して、術前評価をしっかりと行い、その患者さんにとってベストと考えられる麻酔管理を指導医と一緒に検討します。手術が終わったら、より良い管理をするにはどうすべきだったか振り返り、考えるところまで指導して頂いています。

大学病院ではハイリスクな症例を数多く経験することができ、こういった過程を経て日々診療に当たることで、様々な症例に対応する力を早期から養うことができます。この点も大学病院で後期研修を行う強みではないかと考えられます。

 

仕事と育児を両立する女性医師が多い

また、当医局は育児と両立しながら勤務している女医さんも多く、そのための支援も充実していて、できる限り希望に沿うように配慮がなされています。麻酔科で初期研修を行っていた際に、ロールモデルにしたいと思う女医さんに出会い、指導して頂けたことも、私が当医局に入局した理由のひとつとして挙げられます。

入局する科や医局を考える上で何を重視するかは人それぞれですが、患者さんの痛みに真摯に向き合うことや全身管理を行うことに興味があり、早期から多くの経験を積みたいとお考えでしたら、是非当医局に見学にいらしてください。お待ちしています。